BLOG

News

More

トリートメントで身体を洗ってみたら〇〇になった!!

こんにちは!!

今日は先日起こった事件のお話し。

夏休み中の実家での出来事。

実家というものは、とても落ち着く場所で、そして、

ご飯は出てくる!!

洗濯や掃除はしてくれる!!

お風呂はわかしてくれる!!

汗だくになって買い物も行かなくていい!!

そんな至れり尽くせりの場所であります^ ^

私は20歳まで実家で過ごしました。

それから大阪に出てきて、もうすぐ15年になります。

実家は本当に落ち着く場所ではありますが、15年も離れてるとやはり大阪での生活に慣れてしまってます。

実家で住んでた時の自分の生活スタイルと、
大阪での今の生活スタイルは、ガラッとかわってますが、
思い込みっていうんですかね、、、
頭の中で「これはこう!!」みたいな変な決めつけは中々変わらないんだなぁ、と先日身をもって体験しました!!

それは、実家でお風呂に入った時の出来事!!

実家にも【オージュア】のシャンプーはもちろんあります!!

いつものように、オージュアでシャンプーをし、

この写真にトリートメントは写ってませんが、
いつものようにトリートメントをしました。

そして、その後私は身体を洗います!

いつもその順番です!

なぜなら、シャンプーやトリートメントをした後って、なんだか身体がベタベタしてる気がして、しっかり洗い流したくなる為、身体は最後に洗います!!

で、この日もいつものようにトリートメントも終わったので、身体を洗います!!

ミドリ色のオージュアシャンプーの横にあるこいつで^ ^

まぁ、この辺でお気づきの方もいらっしゃるかと思いますが(;^_^A

人の思い込みと言うものは怖いもので、、

身体を洗うスポンジがついてる

イコール

ボディーソープ

と言う、勝手な思い込み!!

このスポンジにいつものようにソープを出します!!

しかし、どんだけやっても泡立ちません。。。

が、夏バテでしょうか。。

『泡立たへんなぁ〜』と思いながらも、
『実家なんてこんなもん』と、
意味不明な解釈を自分の中でし、
あまり不思議に思わず、身体を洗いました。

洗い心地は気持ち悪くも気持ち良くもない、
なんとも言えない感覚。

なんせ、全く泡立ってませんから(;^_^A

でも、それでもまだ気付かないもんなんです。

洗い流す時にようやく!!!!!

Σ(゚д゚lll)Σ(゚д゚lll)Σ(゚д゚lll)

何度流しても流しても、ずーーーっとヌルヌルΣ(゚д゚lll)

全く洗い流せないこの感じΣ(゚д゚lll)

もうお気づきやと思いますが、、、

ですよね。。。

コンディショナーです。。。

思い込みとは怖いものです。

スポンジは身体を洗うもの。

それが付いてるからボディーソープ。

なぜ親がこのボトルにスポンジを付けてるのかナゾですが、
各家庭にはその家庭独特のやり方ってのがあるので、多分親は、単なるスポンジの引っ掛けとして、このボトルを使ってるだけなんやと思います。

ちなみに、実家に住んでた頃の我が家独特の事と言えば、

『焼きそば』は『そば焼き』と言う。

『今日は夕食、エビピラフやで〜〜^ ^』とテンション高く言われる日は、
必ず冷凍食品のエビピラフが出てくる事でしょうか(;^_^A

っと、話しは脱線しましたが、

では、ヘアトリートメントで身体を洗うとどうなるか!?

答え↓↓↓

大半のシャンプーやリンスには、
洗浄成分、保湿成分の他に、髪をさらさらさせる為のコート剤として、シリコン系の樹脂が含まれています。

シリコン自体は皮膚毒性が高い物ではありませんが、
髪ではなく肌に使うと、皮膜感が残って毛穴がふさがれたかような違和感を感じる場合がありますので、ボディ洗いには不向き!!

また、リンスやコンディショナー、トリートメントに含まれる陽イオン界面活性剤は、
皮膚刺激性が高いので、髪に使う場合でも地肌ではなく髪のに付けて下さい!!と記載されてる事があるので、身体に塗るのはやはり良くない!!

です。

最近は頭皮用トリートメントなども出てますので、そうゆうトリートメントは地肌に馴染ませるように!!
と書いてます。

しかし、いくら地肌用だからといっても、やはり身体に付けるのは良くないです!!

用途が違いますからね(;^_^A

結果、トリートメントで身体を洗ってしまった私は後ほどボディーソープで洗い直しましたが、なんだかベタベタは取れてないような気がして、一晩気持ち悪かったです。。

皆様もこんな間違いないように気をつけて下さいね^ ^

流れに身を任せて生活していると、ふとこんな失敗をするんだな、、、
気を付けよう!!と感じた夏の夜でした!!

敷かれたレールの上を走るのはいいとおもいますが、
何も考えず走っているといつか大きな脱線を起こすかもしれませんね(笑)

おわり。

Return Top