BLOG

News

More

第2弾‼️パーマをする時の謎のあるある話

こんにちは、白澤です。

前々回のblog

に引き続き 今回もパーマのなぞのお話

知ってる方もいらっしゃると思いますが

今回はパーマのお薬について

まずは、パーマをするとなると

1.ベースになるカットをする

2.ベースカットに基づき カールの欲しい部分 ボリュームの欲しい部分をイメージし パーマを巻いていく

3.1液というお薬をつけていく

4.カタチが想像通りついていたら 一度流す

5.2液というお薬をつける

ざっと説明するとこんな感じ

そこで今回の謎は

1液と2液とは?

そもそもパーマのお薬は

1液と2液というお薬の2種類あり、役割が違います。

お薬をアプリケーターにも入れ換えて使っています。
決して
飲み物ではありません‼️

お土産でもありません‼️

*1液とは→髪に浸透し、カタチを変えるための一部分の結合を切る役目

*2液とは→髪に浸透し、1液で切った結合を縫合する役目

パーマは髪の一部分を切ったり 縫合したり。。。
いわば、手術ですね。

どちらもパーマにはなくてはならない大切なお薬です。

パーマをされている時に
「なんだか、またお薬つけるのー?」

と思われている方もいらっしゃるはず。

1液と2液が逆でもパーマはあたりません。
そして適用適所 つけすぎるということなく、必要なだけをつけているのです。

パーマ中の不快感はお薬をつけるのも

お薬が流れないように留めてくれるターバンも

全部に大切な役割があるんですね♬

この冬パーマをしたいというお客様が増えています。

お薬やターバンを使って

かわいいパーマスタイルにしましょう♬

以上、パーマ大好き白澤でした。

Return Top