BLOG

News

More

「お前はもう死んでいるw」って久々に言いたくなったタメになるお話し。

先日のお客様との会話

お客様「毛先かなり傷んじゃってるなぁ〜」

「乾燥する季節ですしね。」

お客様「いっそのことバッサリ切っちゃお〜かなぁ〜」

「毛先カットして、トリートメントして頂いて、お家でのケア頑張ってもらえると少しづつ綺麗になっていきますよ」

お客様とよくある会話です。

ちなみにロングのお客様が、髪が傷んでるからバッサリ切っちゃおっかなぁ、、、って突発的に言われた場合はバッサリ切ることを私はオススメしません。

こんなスタイルにしたい!!
こんな女性像になりたい!!

などの目的があればカットさせて頂きますが、想いがなければカットしても後悔しちゃうから(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

そんな会話からまたまたお話しは広がり、

お客様「髪の毛って寄付出来るんですね!!友達がバッサリ切って寄付したって聞いて。」

「そうなんですよ!!31センチ以上の毛束があれば寄付出来ます^ ^」

何度かBlogにも書かせて頂いてるヘアドネーション

詳しくはこちらのBlogをご覧ください→→1つのウィッグを作るのに、何人分の毛束が必要かご存知ですか??

お客様「でも、切ってしまった髪の毛ってそこから栄養分抜けちゃったりして、ボロボロになっちゃったりしないんですか?」

切っちゃうと腐ったりしないのか!??

切っちゃうと根元からの栄養分が行かなくなるんじゃないのか!??

こんな会話から八木Blogの内容が作られていく事が多いです^ ^

皆さんどう思います??

髪の毛は生きているのか??
それとも死んでいるのか??

実は髪の毛は生えた時点で…….

ですw

まさに、

「なにィ〜〜?!」ですw

(タイミングよくこの一コマを探せた私バンザイw)

そう!!!

髪の毛は生えてきた時点でもう死んでいるのです!!!

だからダメージしてしまった髪の毛は外から栄養分を入れてあげないと綺麗にならない。
(これがサロントリートメントやホームケアにあたります。)

ヘッドスパなどで頭皮を柔らかくしたり、頭皮に栄養を与えるのは、
頭皮環境を整えて抜け毛を防止したり、
次に生えてくる髪の毛の環境をよくします。

(しっかりした髪を生やすための土台を作ります。)

食事や睡眠も大切!!って言うのも良い状態の髪の毛を生やす土台作りです!!

だからダメージしてしまった髪の毛は、外から栄養分を入れてあげないと治らないし、
内側からのケアは次の土台を作る為のものなのです!!

なので、お客様との会話であった、
「切っちゃった髪の毛は栄養分が行かないからボロボロになるの?」

って質問は、

「元々死んでるものなので、ボロボロにはならない!!」です。

じゃないと、髪の毛が全部生きて神経通っていたら……

カットする度に、もうこんな状態になっちゃいますからw

使い方間違ってるかもですが、痛い!!って意味で使ってみましたw

おわり。

Return Top