BLOG

News

More

パーマを失敗しないコツは、、、沢山お話してイメージを共有し擦り合わせること‼️

こんにちは、白澤です♬

いよいよ7月がスタートしました。。。

そう、7月はもう 「夏🍉🌻🍧」笑笑

夏の暑いのが苦手な7月一発目のblog

それはやはり私の大好きな「パーマ」のお話。

*みなさんはパーマをされた事がありますか?

*もしくは、パーマされて 上手くいかなかった経験はありますか???

☆パーマでよくあるご質問☆

・すぐとれた
・強くあたりすぎてた
・髪がダメージした
・老けた
・頭が大きくなった
・スタイリングできない

etc…

本来 パーマをして 髪を曲げたり カールをつけたり

それはあくまで「なりたいヘアスタイル」がまずあって

そこに「今のお客様の現状」があって

どうやって イコールにするか‼️

だと思うんです‼️

パーマをするからいい感じになる→❌

安易に考えるのは違うなと。

まずはお客様と 「どうなりたいか」というイメージをとことん擦り合わせる

⬇︎ ⬇︎ ⬇︎

今の現状を分析する
(現状とは、骨格 髪質 髪のダメージ 髪の長さやカット)

そこで 現状→→→どうすればなりたいイメージになるのか???

をしっかり考えて

お客様にお伝えする

⬇︎ ⬇︎ ⬇︎

必要なところをパーマする

= なりたいイメージに近づく
だと思うんです。

「なりたいイメージ」
ゆるーい 癖っ毛のような髪の動きで
スッキリだけど 重め 。 パーマをして少し色気のある雰囲気にしたい

「現状」
直毛で髪が曲がらない 、硬くみえて柔らかい雰囲気がでない 。
横広がりになりやすい

⬇︎⬇︎⬇︎

骨格や髪質 髪の状態をしっかり確認

⬇︎

どこにどんな髪の動きをつくるか

シルエットを横広がりにしないようにするか

⬇︎

まずはカット✂︎

パーマはカットがまず大事になってきます。

カットで骨組みをつくったり(シルエット)
動きをつくる毛先の調整をしたり

ここができなていないと パーマで上手く巻いても いいスタイルにはなりません‼️

そして パーマでどこを動かすか
どこの毛を曲げるか
シルエットをどうするか

etc…

はじめてそこで いいヘアスタイルができます。

お写真は直毛のお客様

ワックスをつけると 動きが少しでるくらいのパーマ

もちろんシルエット調整
毛先の動きを計算してカットしてあります✂︎

なんとなくではなく

お客様としっかりイメージを擦り合わせてデザインを仕上げる

これがパーマを上手く成功させるコツかなと。

「以前パーマをして、あまりいいイメージがない」

というお客様

是非 もう一度 パーマにチャレンジしませんか???

「なりたい」イメージをしっかりお話して

パーマすれば ステキなパーマスタイルになります‼️

Return Top