BLOG

息子の可能性を生かすも殺すも、私かも知れないと思う時がある。

こんにちは、八木ママです^ ^

前回のblog
息子が小学生になるにあたって想う事〜放課後の過ごし方〜
の続きを。

始めての学童

小学校の入学式は4月7日だったので、3月末に保育園を卒園した息子は、4月1日〜4月6日までの約一週間は、無所属と言うことになります(笑)

4月前半の数日間は夫婦共に仕事をお休みし、
家族3人での時間を取りました。

そして、いよいよ学童に登校の日

扉を開けた瞬間、息子、固まってましたね(苦笑)

同じ保育園からも知ってる子が2名ほど居てたので、すぐに馴染むかなぁ〜と思いきや、
なかなか教室内に入らなかった息子。

母としては、心配でしかないですが、
ここは心を鬼にして
「頑張りや!!また夕方迎えに来るわな!!」と言い、
私はそっと姿を消しました!!

とは言いながら、一日中ソワソワしてた私です(汗)

仕事を終わらせ、自転車を走らせ、お迎えに行くと、無表情の息子が待ってました(笑)

0歳から保育園に行き始めた息子ですが、
赤ちゃんの頃は行くのが嫌で泣いてばかりでしたが、
6歳にもなると泣く事はない代わりに、
無言なんですよねΣ(‘◉⌓◉’)

帰宅しても無言。。。

私に背を向けて、テレビを無言で見てる。。。
思春期の彼が想像できた感じです

はぁ〜、辛いーーーーーーーーーー!!!!

変われるものなら変わってあげたいですが、
初日から楽しめるはずないわな!!

「初日から楽しいける!!」とイメージしてた私が間違いやった(笑)どんなけ美化してたんやろ(笑)

大人になってもそうですが、新しい職場や新しい環境なんて、慣れるまで数ヶ月はかかるものです!!

そんな事、知ってるはずなのに、
「子供は違がう!!知ってる子も数人居てるし大丈夫!!」なんて思ってる私がバカやった(笑)

子供だってとっても繊細なんですよね。
そりゃそうやわな〜大人より感受性豊かやもんな〜

入学式が始まるまでの3日間は、朝から夕方まで学童で過ごしてもらいましたが、、、

息子にはハッキリと『行きたくない!!』
とさえ言われ、

いやいや、高いお金払ってるんやから、もっと楽しんでくれ〜もっと楽しませてくれ〜』

と思ってしまった私。

しかも、嫌な理由は、

『給食が嫌!!』と。

私の心の声は、「えええーーーー給食が魅力的やと思って預けた母の気持ちとは裏腹に、息子はその給食が嫌やったとは(´༎ຶོρ༎ຶོ`)」

なんとも言えない気持ちですね(笑)

まぁ、でも行ってもらうしかない!!
彼もこうやって色んな環境に慣れていかないとね、これから人生長い長いですから(笑)

そのうち慣れるやろうと、割り切るようにしました!!

小学校入学

そして、ついに入学式当日!!

朝から息子はとてもワクワクした感じで、親もしてもホッと一安心!!

仲良しの子とも偶然にも隣の席で、久しぶりに息子の笑顔が見れた気がします(笑)(大げさ〜w)

小学校生活は順調にスタートした、、、と思ったのも束の間

、、、

数日後、学校から帰宅した息子

熱で寝込みました(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

その数日後は、担任の先生から電話があり、

『今日は息子さん、涙が止まらない〜!とずっと泣いてて、気分が悪くなってしまったようなので、家庭でもお話し聞いてあげて下さい!!』

っと。

おいおいおーーーーーーい!!!!

「なかなかメンタルやられてるやないか〜い!!」

母として、辛い。。

息子の話しを聞いてあげるくらいしか出来ない。。

大好きなご飯を準備してあげる事くらいしか出来ない。。

八木ママもメンタル、少々やられそうな4月でした(笑)

まぁ、でもそうやわな!!

重いランドセルを毎日背負い、
慣れない授業を受け、
学校の後は学童に通い、
帰ってきては宿題をし、

よく頑張ってると思います!!

疲れも出て当然!!!

泣いた事をキッカケに、、、

学校で涙が止まらなかった息子

次の日は大丈夫かな、、、と親はドキドキハラハラ、もうシンドイw

母も色んな気持ちになりながら、息子を見てましたが、

涙で色んなモノが流れて吹っ切れたのか、
次の日からケロッと元気になったんです(笑)

当たり前の事ですが、
自分の感情を出す事は大事な事ですよね!!

そんな感情を隠さずに、
さらけ出せる家庭でありたいなとつくづく思います!!

どうしても当たり前を求めてしまう私

小学1年生の宿題

宿題いえども、とても簡単なモノです!!

文字を書いて、色を塗る、、、

そんな感じ!!

10分もあれば終わる宿題!!

しかし、色々口出ししちゃうんですよね、私。

「これはこの色やろ〜」
とか、
「そんな色違うで〜」
とか。

ほんま、うるさいオカンですよね、、、

そうすると、息子は言います。

例えばコレ↓

息子「これはお熱が出たクマさんやから、氷持ってるんや!!」

っと。

母は目からウロコですよ(笑)

硬くなってしまった頭で、
「これはこの色!!」「これが常識!!」
ってのしかないけど、

子供の発想力は無限大やと思います!!

その可能性を生かすも殺すも、一番側にいる私かも知れないと思うことがある。

もっと彼を信じてあげて、
彼の思いをもっと聞いてあげようと、
つくづく思う今日この頃。

息子の成長と一緒に、母も成長したいと思う八木ママであります!!

育児とは、難しくもあり、楽しいものですね^ ^

終わり。

Return Top