BLOG

山口書房☆今までにない少女漫画読んでみませんか?

こんにちは、ケアリストの山口です!

それでは、ひっさしぶりの山口書房のお時間となります(笑)

今日オススメするのは、こちら少女漫画でも人気な2作の作者

咲坂伊緒さんの新作!!
(新作といってももうだいぶ巻数出てますが、、笑)

思い思われ、ふり、ふられ

タイトルからしてもなんだか切ない感が
伝わってきますね(笑)

だいたい少女漫画とかってヒロインが1人で
あとは相手の男の子とライバル!と
その他友達っていう設定が多いと思うんですけど
これは表紙に載ってる女の子2人がヒロインなのです!

登場人物

ロングの子が市原由奈(イチハラユナ)
人見知りが激しく、少女漫画に憧れがあり消極的な性格。
ショートの子が山本朱里(ヤマモトアカリ)
明るく誰とでも仲良くなれるタイプ。
朱里の弟、山本理央(ヤマモトリオ)
イケメンで、ずっととある人物に叶わない恋をしてる。
由奈の幼馴染、乾和臣(イヌイカズオミ)
天然で恋愛に興味がない。いい奴。
この4人がメインの登場人物です。

あらすじ

人見知りが激しく他人と話すのが苦手で、自分に
自信が持てない由奈は、子供の頃に読んだ絵本に
出てきた王子様そっくりの男子を見かける。
中学からの友人とお別れをしにいった際に同じく
お別れをしにきていた朱里とひょんな事で知り合い、
朱里が同じマンションに引っ越してきた同級生だと分かる。

2人は正反対の性質だが、不思議と親しくなっていく。
由奈が気になっていた「王子様」が
朱里の弟・理央であることが判明。
恋愛未経験の由奈は理央への気持ちは
恋ではないと思っていたが、次第に自分が理央を
好きになったことに気が付く。
朱里は姉の目から見て、由奈には理央を薦められないと
伝えるが、由奈の人生初の恋を応援しようと決心する。
朱里は、由奈が唯一親しく話せる幼馴染・和臣
のストレートな言動にドキドキさせられる。

そんな4人のハラハラドキドキ切ない青春物語。

気になる方は是非読んでみてください❤︎

.

Return Top