BLOG

美眉になる為に黄金比率があるってご存知ですか??

こんにちは、ケアリストの山口です!

みなさん、ふだんから眉毛のお手入れってされてますか??
女性の方はメイクする方が大半かと思いますので、されてる方も多いかと思いますが、女性に限らず男性も眉毛のお手入れした方がいいですよ!!何故かと言うと、、
眉毛で人の顔の8割の印象が決まる
言われているぐらい眉毛って顔の中でも重要ポイントなんです!!!眉毛山の位置や書き方、形、色だけでもガラリと雰囲気も変わっちゃいます。

そ!こ!で!!!

キレイな眉毛の整え方、書き方のコツを伝授しちゃいます!!

最近は太眉がトレンドですが、

今日はベーシックな形の眉でお伝えしていきます!

理想の眉毛は、、

    眉頭と眉尻が平行
    眉頭は目頭より気持ち内側
  • 眉山の位置は黒目の外側の延長線上から目尻の間(3:2の割合)
  • 眉尻の終わりの位置は小鼻と目の外側を結ぶ延長線上
  • 逆への字をかくイメージでつくる

人それぞれで眉の生え方・毛の細さ・密度など違い、
同じ1人の人でも左右でまた微妙に変わってきますから
足し引きをして左右バランスを整えていきます。

足し引きって??どうすれば??
となるかと思います。

これがわたしのスッピンの時の眉毛です。
(脱色してるのでわかりにくかったらすいません、、)

左右の形が合うように眉カットしてますが微妙に
右眉頭の位置が左に比べると低いんです!!

なので、、、

左眉頭に合うよう右眉頭をペンシルやパウダーで足して、
長さが足りない部分も足していきます。

眉毛をかくときの手順的には、、

  1. まずはファンデーションなどで土台作り。脂ギッシュだとかき足しても乗りにくかったり、すぐヨレる原因に。
  2. アイブローブラシ(スクリューブラシ)で毛流れを整える。眉頭から上に向かうようにいって、眉山からは下に向かうイメージで。
  3. 顔全体を見たときの黄金比を確認。実際にペンシルなどを当ててみるのもわかりやすく、どこまでがゴール地点が把握できるかと思います。
  4. 把握したらさっそく、眉山から眉尻に向けてかく。眉山をどこにするかを考えてから眉尻の落ちる位置、長さなどのゴール地点を想像してかいていく。一回で形つくるってよりも、一本一本毛流れをつくるみたいにかいていく。
  5. 眉山から眉頭を書く。眉頭はボヤけるぐらいにしてスッキリしすぎないようにかく。
  6. またアイブローブラシで整えてぼかしてあげて馴染みやすくする。または、
  7. 眉マスカラで髪の毛と同じぐらい明るさのもので塗って染めてあけて髪の毛と馴染むようにする。

左右差バランスを整えつつキレイな眉毛をかくポイントが、、片方キレイな眉毛にして、もう片方の眉毛っていうより、ちょっとずつ左右差をみながら両方を合わせていく感じのがやりやすいです!

これが足し引きの足し。引きは??というと、、

引きはわたし的には、眉カットだと思ってます!

眉カットで不必要な部分をカットしキレイな
土台を作っておけば眉毛をかく際とっても
ラクにかけちゃいます!

スッピン時にカットするでもいいですが、それだと
どこがいるところでどこがいらないのか
わからなくなっちゃうと思うので、私がよくするのは1度眉毛を描いてから
いらないとこをカットしていく方法がオススメです!

わたしもまだ慣れてないときは、左右差を合わせるのに必死であっここ削りすぎたあっ次コッチもみたいな感じでだんだん細くうす〜いイカツイ眉毛に。。。高校生の時はまだ化粧もしてたので良いですが、中学のときは当たり前にスッピンだったので今考えたら恐ろしいです。。笑

女性だとメイクでキレイな眉毛を
つくることができますが、
男性はメイクするわけにはいかないですよね。

今のご時世、メイク男子なんたるものもいますが、、、笑

眉カットだけでも十分キレイな
眉毛にすることができちゃいますよ!!!

眉カットのポイントをお伝えしますね!!

まずは先ほども言ったように自分の眉の形、毛の濃さ(1本1本の太さや、毛の密度)などを把握します。

わたしは細くはないですが、太すぎず密度も眉全体ある程度は一定の密度なので長さを同じ長さにカットしていきます。

ポイントとしては、コーム(クシ)を使ってコームの歯の部分をまぶたに付けて固定させて少し斜め(45度ぐらい??笑)にして出てくる長さを切る、です!!

そうすることで安定して切れるので部分だけ切りすぎて薄くなっちゃったりするのを防げます!!

ある程度一定の密度とは言いましたが、眉頭はうぶ毛っぽい毛が多いのでそこはあまり長さは切らないようにしてます!

そうすることで同じ濃さの素眉になってくれます♡

人それぞれ濃さや毛の生え方も変わるので、まずは自分の眉毛の生え方、毛の濃さを知ってみてください!!

人によっては、眉頭から眉山までは濃く眉山から眉尻に向けて薄い、あまり毛が生えてこないなどあります。

その場合は濃い部分のみ長さを切るとかしないと一定した濃さにはなってくれません!!

または全体的に毛が細く密度も少ないって方も!

そんな人は長さは残してあげないと遠めから見たとき眉無しみたいな状態に。。なので、全体的に細毛で密度も少ないって方は長さ調整はせずにカタチをつくっていってオッケーです。

長さの調整ができたら、次はカタチ。

ここで小話。

カタチや太さによってかなり印象も変わりますし

好きなメイクやファッション、ヘアスタイルの系統にも合う合わないがあります。

大きく分かれると、アーチ型、直線型の2つになります。

アーチ型 : 柔らかい女性らしい印象を。

直線型 : クールで知的な印象を。眉山を内に入れてあげるとエレガント系にも。

そこから、細さ(太さ)や角度の付け方は様々でそれによって印象もだいぶ変わります!

話は戻りまして、、

先程から使ってる眉バサミってちゃんとみたことありますか??

あれ、軽く角度がついて曲がってるのはご存知でしょうか??

わたしはこのハサミの角度を利用して

アーチを描くようにカットしていきます。

カタチづくりのポイントは先程お伝えしたのを頭に入れてしていってくださいね!

これですよ!⤵︎⤵︎

    眉頭と眉尻が平行
    眉頭は目頭より気持ち内側
  • 眉山の位置は黒目の外側の延長線上から目尻の間(3:2の割合)
  • 眉尻の終わりの位置は小鼻と目の外側を結ぶ延長線上
  • 逆への字をかくイメージでつくる

ベースのカットが終わったら、眉毛の周辺のうぶ毛などいらない毛も剃るなりしてスッキリさせます。

そしたらできあがりです!!!

でも中にはあまりキリッとカタチのわかる眉毛はちょっと、、、って方もおられるかと思います。

そんな方でも、なにもしないって言うよりかは、まぶたにある眉毛周辺のうぶな毛たちを切るか剃るかして除去してあげることでだいぶスッキリしますよーーー!!!なにひとつ手をつけないってのもあまり良くないのかなあ〜〜とも私自身思っちゃうので、身だしなみの一つとしてやってみるのはいかがでしょうか??

そんなわけでなんとなくでも眉カット方法はわかりましたか???

でも自分で眉カットするのって難しい、、

教えてもらっても慣れない、、、うまくできない、、忘れがち、、
などなど苦手な方もいるかと思います。。。

こればっかりは仕方ないです!でもご安心してください!!私たちエンドリンクスタッフにお任せください^_^♡

エンドリンクではカット料金に眉カットもサービスで含まれております!!

もちろんいつもしてくださってる方で、今日はカットせんけど眉カットはしてほしい、、って方も遠慮せずおっしゃってください!!!

なので、自分でするのは苦手って方はいつでも
おっしゃってください♡
もちろん女性でもさせて頂きますので
気兼ねなくおっしゃってください♡

やり方も一緒に教えてほしい!!自分の眉毛の気をつけるポイント知りたい!などもありましたら、全然おっしゃってください!!

わかりやすくご説明しながら眉カットさせて頂きますよっ!!!

一緒にキレイな美眉を目指しましょーう!!

.

Return Top