BLOG

山口的ベースメイクのやり方☆

こんにちは、ケアリストの山口です!!

以前、山口的スキンケアについてお話ししましたが、今回は
最近の山口的ベースメイク方法をお伝えしたいと思います!!

わたしがベースメイクで愛用してるのは、RMKさんです!
アイシャドウなどはプチプラ商品を使ってますが(笑)
ベースメイクは良いものを!と、思い
オススメされたRMKさんのものを長年使っております。

それでは実際メイクアップアーティストさんに教えて頂いた使い方をご説明しつつ紹介したいと思います!

下地

下地もいろいろ種類がありますが、
いまの時期は保湿力が高いものを使っています!

わたしの肌は吸着しやすいらしく
スキンケアしたあとわりとすぐに下地を塗って
保護したげた方がいいとのことです。

ものによっては、皮脂除去力が強いものや、色つきのものもありそちらをファンデーションがわりの様に使ってる方もいるとのことです。

全体塗ったら、化粧水などを馴染ませるときみたく指でトントンとして浸透させていきます。

リキッド

顔の外側からつけていって段々内に入るようつけていき指で馴染ませます。
ここで、ポイントが目の下は塗らないことです!
わたしは元々クマが酷いのと、いまの時期は乾燥が酷いので、重ねすぎると余計厚みが出て乾燥してしまうのでリキッドは目の下にはつけないです。

クマがあるだけでなんか疲れてみえますね(笑)
コンシーラー
今までファンデーション塗ってコンシーラーを塗ると厚塗り感でてあまり好きじゃなくて塗らないことのが多かったんですが、このやり方だと違和感なく仕上がったので感動し、つい購入予定じゃなかったコンシーラーも買ってしまいました(笑)
頬骨から下瞼の下のこの部分につけていき、

鼻のこの骨の部分から上に向かって馴染ませるようつけていき、

最後に目尻から目頭に向かってキワを塗っていきます。
あとは、ハイライトとして鼻筋、顎に塗っていきます。

コンシーラーおわりでこんな感じ。
さっきあったクマをしっかり無くしてくれてます。

お粉
わたしの持ってるものはお直し用って感じなので、朝は主にフェイスラインのみに使います。
ここでまた全体にしてしまうと、せっかく重ねすぎないようにしてたのが、乾燥しやすくなったりとかでムダになってしまうツヤっぽい感じじゃなく、マットな厚塗り感が出てしまうので、基本お直し用になります。

あとはいつものように、アイブロウとアイメイク、チークなどをしていきまして完成です!!

ツヤ感がしっかりあり、透明感な肌質になりました❤︎

Return Top