BLOG

ファッションカラーと白髪染めって何が違うの!?

こんにちは、八木です^ ^

今日はカラーのお話しを!!!

ファッションカラーとグレーカラー(白髪染めの違い!

世の中にはファッションカラーとグレーカラーという言葉があります。

どちらも同じカラーリングなんですが、名前と染め方、カラー剤が異なります!!

言葉でなんとなく理解出来るように、

ファッションカラーは、おしゃれ染めの事をいいます。一般的に普通に染める事。

(おしゃれ染め、、、なんだかこの言葉に時代を感じるのは私だけでしょうか??w)

そして、グレーカラー(白髪染め)も言葉通り、白髪を染める事です。

白髪染めの壁、感じてませんか?

年齢と共に白髪という厄介なヤツが出てきます。

厄介だけど、放っておくことが出来ないのが白髪さんです。

そんな時に活躍してくれるのがグレーカラー(白髪染め)です。

しかし、はじめての白髪染めって、なんか抵抗ないですか??

言葉があかん気がします。笑

お客様でも、「あぁ〜ついに私も白髪染めする時が来たかぁ〜ってか、白髪染めって響き嫌やなぁ〜」という会話を接客中にする事がしばしばあります。

なんしか、はじめての経験ってどんなのか分からないし、今までファッションカラーで染めてた人からしたら、白髪染めって真っ黒になるんではないか!!??ってイメージがあったりしませんか?

そんなちょっと白髪染めのマイナスのイメージを今回のブログで、プラスのイメージにさせて頂きたいと思います^ ^

ブラウン色素の違い

白髪染めとファッションカラーの違いは、薬剤の中の染料が違ってきます!!

白い髪の毛をしっかり染めるために、ファッションカラーよりブラウンの色素が多いのが特徴です!

ファッションカラーでも、白髪を染めれない事はありませんが、白髪が若干浮いてしまい、ぼかして染めたような印象になります!!

かといって、白髪には白髪染めを使わないといけない!!ってわけではなく、明るく染めたい場合は、ファッションカラーに白髪染めの薬剤を混ぜて使用する事もあります!!

あと、白髪染め=真っ黒になる!!ってことはありません!!

白髪染めの中にも、カラーバリエーション、明るさ、たくさんあります!!

ただ、ブラウンの色素がファッションカラーよりは多いので、ファッションカラーのよりかは落ち着いた仕上がりの印象になります。

デザインカラーとの融合も可能

根元は白髪染め、毛先はデザインカラーといったこのようなカラーリングの仕方もあります!!

「白髪染め」って聞くと、なんだか体験されてないお客様は躊躇しちゃうかもですが、実はそんな事ないです!!

根元の白髪はしっかり染まり、色持ちもよい!!

なんしか、鏡に映る自分の髪の毛から白髪がなくなると、とても気分あがりませんか!??

「最近、なんか白髪気になってきたな」ってお客様、お気軽にご相談下さい^ ^

ステキなヘアスタイル、ご提案させて頂きます!!

Return Top