BLOG

News

More

1つのウィッグを作るのに、何人分の毛束が必要かご存知ですか??

先日、2年伸ばした髪の毛をバッサリカットしたお客様がいらっしゃいます。

っと、ここで、

【何故切りたくなったのか??】

気になるところですよね^ ^

写真にもチラッと写ってますが、
このお客様、0歳の女の子のママです。

出産する前にも、

「髪の毛どーしょ〜かなぁ」

ってお話しはしてたんですが、

「でもくくれる方が楽やしなぁ〜ロングのままおいとくわぁ〜」

とお話しし、キレイなロングを保ちながら育児をされてました。

が!!!

お子様が動き出すようになり、
自我も少しづつ出てき、
ママが見えないと泣く。

子供の成長と共に、楽になる部分もありますが、今まで出来てた事が出来なくなる事も多いです。

例えば、私の場合、、、

まだハイハイも出来ない時期は、ベビーカーではなく、抱っこ紐で移動する事が多かったです。

ベビーカーって、電車乗るにしても、バス乗るにしても一苦労で、なんしかエレベーターのある場所を探しての移動なのでとても時間がかかります。
(ベビーカーはベビーカーの楽さもありますけどね^ ^)

あと、ご飯食べに行くにしても、ベビーカーよりも抱っこ紐やと気軽にいけてたな、、、
という記憶があります。

それが動き出すようになった瞬間、一気に行動範囲が限られてきて(^^;;

ウロチョロするから目が離せない。

可愛さもどんどん増してくるけど、気をつけないとダメな事もどんどん増えてきて。。

そう!!

子育てはその時その時で悩みは変わり、自分もそれに合わせて臨機応変に対応していかないとな、と、毎度勉強させられます。

なんか、ふと懐かしくなって私の思い出話しになりましたが、、、(笑)

、、、

話しは戻しまして、

今までロングをあつかてたけど、
子供の成長と共に、乾かす時間もなくなってきて、髪もバサバサになってきた!!

『もう無理!!限界!!』

『少しでもお手入れラクなようにバッサリカットして下さい』

『あと、切った髪の毛は寄付して欲しい』

が、今回のご要望でした!!

っと、『髪の毛の寄付???』

以前、氏木がBlogで書いてた事があるのでご存知の方もいらっしゃるかもですが、

氏木Blog【髪の毛の寄付〜ヘアドネーション〜】

【ヘアドネーション】ってご存知ですか??

ヘアドネーションとは、

小児がん・先天性無毛症などの病気や不慮の事故により髪を失った18歳以下の子どもや女性のために、寄付された人毛でウィッグ(かつら)をつくり無償で提供する活動。

です。

とても素敵な活動です!!

このヘアドネーション

誰でも寄付出来るんですが、一つだけ規定があります!!

それは、寄付する毛束が31センチ以上ある事!!

なかなかの長さがいります!!

毛束を作るためにこのようにブロッキングをするんですが、

とても長く見えますが、これでもギリギリ31センチです!!

そして、ブロッキングしたあとは、大切に大切に伸ばして頂いた髪の毛をカットします!!

色んな思い出の詰まった髪の毛。

この髪の毛が次はどこかで誰かの笑顔になる。

とても素晴らしい事です。

現在8月の時点でウィッグ待ちの方が101名いてます。

今回、このお客様の毛束を送らさせて頂きましたが、この毛束だけではウィッグは作れません。

1つのウィッグを作るのに、31センチ以上の髪の毛が約30人分くらいいるそうです!!

なので、沢山の方のご協力があり、1つのウィッグが完成します。

なかなかここまで伸ばすのは大変だから簡単なとこではないですが、バッサリ切るときにふと思い出してもらえたらなと思います。

ちなみにこのお客様は、襟足ギリギリのボブにカットし、ルンルンで帰って行かれました^ ^

こうやって、多くの方の笑顔に携われる美容師って仕事って、やっぱり素敵だな、と感じた瞬間でした^ ^

N様♡本当に有難うございました^ ^

Return Top